RED DOT (BIO)

  1. RED DOT(BIO)は自然と生命の営みを司る神秘的な存在がホテルアンテルーム那覇のエントランス空間全体を周遊するよう構成した。分解と再構成を繰り返し、連綿と続く終わりない営みを表現する。
  2. 沖縄には雄大な自然と共に神聖な場所が数多く存在する。御嶽(うたき)と呼ばれる場は、人と自然、神々とが繋がる空間として機能し、古来から人々は自然の中で自分たちが生かされている事に感謝し、祈りを捧げている。
  3.  DOTは植物が時間をかけ成長する様子や地層が堆積してゆく過程を想像し、人の手によって描かれる。身体を介し揺らぎを孕む構造は、ミクロとマクロの視点を行き来する。個々の存在が互いに作用し、その連続は大きな存在へ繋がってゆく。
  4. 原摩利彦氏の美しいサウンドスケープと共に、訪れる方々を包み込むような体験を促す。
  5. Okinawa has magnificent nature and a large number of sanctuaries. In Utaki, an Okinawan term for a holy place which is an intersection point among gods, nature and people, they pray and thank for given lives in nature from the ancient era.
  6.  RED DOT (BIO) is composed to make mystical existence ruling the natural process enclose the whole space of entrance. It represents endless repetition of deconstruction and reconfiguration in the working of nature.
  7.  I put every single dot by hand like the growing process of plants or sedimentation. That structure with fluctuation through body action has two perspectives; micro and macro. Individual fragments interact with each other, and then those repetitive segments form a sublime presence.

  • _Q2A9945 "RED DOT(BIO)" 2020 acrylic on wall 6M×6M 4sides:138.66㎡ 協賛:ホルベイン画材株式会社 photo by Hyogo Mugyuda
  • _Q2A9976
  • _Q2A0001
  • _Q2A0128
  • _Q2A0193
  • _Q2A0211
  • _Q2A0019